人付き合いでの変化

 看護の社会には様々な人間関係がひしめいており、その鬱屈した環境に耐えかねて退職をしてしまう方が多くいらっしゃいます。退職をしたあとの就活をしている中で、できれば以前の職場のように人間関係に悩まされることがないような所に入職をしたいと願うようになり、歯車がかみ合わなくなってしまうかのような不快なコミュニケーションが極力発生しない病院選びを念頭に置くようになるのです。
 病院で働いていると特定の人と仲良くなることもあるでしょう。しかし、その人との関係がうまくいかずにすれ違いが生じるなどして、同じ病院で顔を合わせることも嫌になってしまうこともありえます。ただその人と同じ場所にとどまるだけでも不快感を示すようになるのです。そのため、その人がいるだけでも病院で仕事をすることに耐えられなくなり、ともすればその病院を辞めてしまうことも考えられるのです。私たちが気持ち良い社会生活をしていくためには、やはり良好な人間関係が不可欠となります。その人間関係に破綻が生じた時点で亀裂の入った仲が修復不可能なところまで行きついてしまい、今働いている病院での居場所がないのだと悟ったときに、その病院での自分の理想の看護師像が映し出されなくなってしまうのです。こうした危機的な人間関係になってしまって初めて、「みんなと上手くやっていこうと思っていたのにこんなことになってしまうなんて今でも信じられない・・・」という嘆きをあらわにしていくこととなるのです。
 看護の社会において、いじめは珍しいことではありません。いじめる人は事あるごと特定の相手に難癖をつけて嫌なことを押し付けるなどして窮地に追い込もうとしていきます。いじめられている人からしてみたら、自分をいじめる人さえいなくなればもっと伸び伸びと充実した気分で仕事ができるのにと思い、今ある状況から逃れたいという気持ちだけが意識を埋め尽くすようになるのです。それ故に、いじめのない職場に移りたいため、今まで勤めていた病院を後にして新たな社会生活を送るようになったときに、心から救われたという気持ちになって、いじめのない職場はこんなにも清々しいものなんだと感無量の思いに浸るようになるのです。それでも、新たなスタートラインに立ったのならば、過去のつらい出来事に遭遇しても負けない気持ちを携えていく必要があるのです。そして、人間関係で上手くいくように頑張れるかによって、自分の立ち位置が大きく変わっていくのですから。